コラム   ポッツンと一人の勝手な見解

コラム   ポッツンと一人の勝手な見解


①お盆に思うこと。

毎年、訪れるお盆には、ひときわ思い出があります。


①東京へ就職した際には、ほぼ、毎年、約1週間くらい休暇を取りました。

理由は、この時期、だれも社宅に残らず、みな帰省するのです。

そこに、一人残るのは残酷すぎるのです。

即ち、帰省する田舎がないのに等しいのです。

それに、口にはしないが、おふくろが待っているのです。

この期待に応えるのも就職時の決め事のように思っていました。

②勿論、実家に1週間いるわけでなく、その前後にその帰省線路のどこかの観光地に

立より、それから実家へ帰る行程でした。

その為、福島県安達太良山とか、智恵子抄の現地を見たり、しました。

 また、青森、秋田にも出向き、帰りに実家へ立ちよるコースもありました。

デモ、これらは、独身時代であり、結婚後は、実家へ直行便でした。


③それは、家内の実家も私の実家のすぐ近くであり、家内は実家では一人娘の扱いであり、

東京へ嫁に出すのがつらいのが母親の気持ちであり、それを汲んで家内は、いつも2か月位実家で暮らすのでした。

それが、正月も同じパターンでした。

勿論、私はそれでいいと思いました。

④何れ故郷へ帰る覚悟でしたので、就職先が決り、13年で故郷へU-タンしたのです。

あのころを思えば、まさに既定の行動に思えたし、苦痛でもなく、楽しみでもなく、消化工程に思えたのでした。

⑤あれから40数年の間、故郷で盆・暮れを過ごしていますが、

盆はお墓詣りに8月14日の夕方に出向き、家内の実家と私の実家へはしごでお墓参りするのです。

夕食が私の実家でする感じでした。

⑥勿論、最近は、それぞれに実家へそれぞれが出向く傾向になりまして。

偶には8月14日でなく、前日にお墓詣りに出かける年もあります。

特に、花火大会が有り、娘家族と一緒に見る機会も数年あります。

◎ただ、お墓参るの時期は、決まっているのに一寸、疑問があります。

なぜ、地域の人が同じ日に一緒にお墓詣りするのか?

しかも、地域により日にちがバラバラなのですが?

勿論、先祖を敬うことが必要と思いますが、みなが同じ行動を同じ日・時間帯にするのか?

地域の共同生活のため?

でも、それも昔しと異なり、同じようにする必要性に疑問が有り、それぞれの判断でお墓参りの日を選択する

人も出てきた感じです。

◎死後の世界は?

御釈迦様の説教は、いきている人のためであり、死後の世界に関しては、一切、説明していないようなのです。

◎あなたは?死後の世界は想像できますか?

エッセイ ドンキーマカセ

エッセイ ドンキーマカセ


◎(50)開発マンよ仕切りのない世界に、


少なくとも、開発マンは、最初は与えられたポジションでの課題の解決が

最優先事項です。

①課題も解決できずに、次のステップを要求するには、一寸,虫がよすぎます。

②まずは、現状の力を示す必要があります。

まして自分の得意分野ならまだしも、不得意分野もあり得ます。

会社内での仕事の選択は、厳しいです。

 ◎特に、初期の頃には、

③ただし、いつチャンスが来るかは?

そこで、予備知識的に?

あるいは趣味的に広範囲の体験をしておくべきなのです。

④そして、課題分野の解決には、それから調査して開発のレベルや技術の先端企業、発掘者などを

こまめに調べ、人材の有りかをさがします。


大手では、必ず、人脈が有りますが、中小零細企業には、あまり期待できません。

◎でも先駆者に会う手段は、ありえます。


それは、ぶっつけ本番のケースやある商品からのアプローチなど多々あるはずです。

①その意味で開発マンには、視野の制限を設けるべきでないのです。

②無関係でも、いずれ関係が生まれるケースが多々あります。

∴がっかりせずに待つのです。

◎あなたは、どのタイプですか?

アサンポの詩

アサンポの詩

空にはうろこ雲みたいな雲がちりばめられています。

これは、初秋の表れなのか?

秋雨前線のNEWSに関係七日、ちょっつ涼しい気がする朝

朝虫は桃の収穫に一生懸命で有り、盆過ぎにでる[驚き]の品種の

硬い桃が収穫され始めたのですが、やはり、一寸、甘味が少なく、

好評でないのです。

実際は、来週初め位が最盛期なのかな?

アサンポの詩

これは、何だ


開発Blog

商品開発の支援者

顧客開拓のサポーター

市場創造のナビゲーター

技術開発の支援者

知財責任者

④-18

⑫-165


知財責任者は、実体験から反省すると、いろいろとやべきことが多々あったのにと、

①経営への参画比重は、知財経営の経営方針のトップの下での業務運営は、活動的に

ほぼ自由でした。

②しかも、費用に制限がなく、青天井の事業実施でしたが、この恵まれた環境での

行動力に自ら制限を加えていたような気がします。

③それは、経営にかかわる知財の戦略・戦術を駆使した積もりで居ましたが、まだまだことが

おおく、焦点点をあまりにも狭く設定した気が有ります。


④又、他社との交渉でももっと、有効な手段が合った気がします。


⑤それは、Give/Giveの精神が不足しえちたきがします。

少なくともライバルに与えることをもっと多くすべき事案だとおもいます。

ソレハ、競争は協創なのだが、それを自社主体に考え過ぎたように思います。


◎企業は永遠に生き続ける義務があります。

①この視点が、知財経営の中枢にあるにも関わらず、ライバルをいじめ過ぎたきがします。

②勿論、退職後も年賀状のやり取り位はしておりますが、それでは後輩の動きを支援する

力までには至っていません。

③ただ、後輩の動きを見ると、一寸、目の前の現象にとらわれ過ぎたきがします。

④常に、競争のなかに協創が有ることを忘れるべきでないのです。

 


◎部下の行動を制限過ぎた感じに思います。

①何でも責任者が先発を走る必要があったのか?

逆に、部下を前面に出して経験させる比率を多くすべきなのに、一寸、少なすぎた気がします。

ソレハ、私の退職後の最大のライバルと訴訟を起こし、損害賠償をとることに成功したようですが、

これは、あぶく銭です。

②まして、自ら知財権を収得したのでなく、先輩が獲得した知財権を使うべきでないのに使い、損害賠償金を

獲得して経営人から賞賛されたようですが、数年後に提訴され、損害賠償金を支払うことになたのです。

③これは、権利の強弱と権利の強さを認識しておらず、権利者特有の広幅権利範囲解釈のあだです。

④それで、私も現役の時は、和解程度で矛先を収めて、次の市場での敗訴だけは、やりたくなっかたのです。

⑤それを、後輩は目の前の実績にとらわれ過ぎたから、そのしっぺがえすを食ったのです。

◎あなたは、どう思いますか?

現在、悩み、課題につまずいている人,【stra@almond.ocn.ne.jp】へ
mail下さい。長年の経験と人脈で返事を、最初は無料でさしあげます。
なお、地域は日本国内が、好ましい。どこへでも出かけます。
但し、旅費と宿泊費は実費をいただきます。
でも、夢を追う人の姿は、この世の花です。FacetoFaceが一番です。
但し、相談は最終的に1社に限り、その企業等を成長、市場制覇へチャレンジさせます。

 

 

コラム   ポッツンと一人の勝手な見解

コラム   ポッツンと一人の勝手な見解


◎借金恐怖症は、事業家の資格なし。

この厳しい言葉を、今日の午前中に知人から聞きました。

①それは、自己資金で事業を起業すのは誰でもできるし、覚悟に?

そして、借金は、返済が義務であり、その見込や予測が出来なければ、それはサラリーマンでいろとの話です。

②なぜなら、彼は、実質は中学校卒業の後、住み込みで働き、定時制に通い昼間に事業主の下で

実務経験を積む、

③そして、価値判断違いを肌で感じて、なぜ、あの人はあのよう、札束を腹巻に持っているのか?

我々は、財布にゼロか1枚の札では、違いするぎると、日々感じていたのだと。

これには、学校教育の課題が有るのだろうと。

④少なくとも、高校の時に、人生に選択の手段などを教える時間が必要なのに、

まったく、これから先の人生の生き方、過ごし方、やりたいことの選択の手段や、方法を

教える期間が必要なのにと。

⑤外国では、18歳になると、金銭は自ら稼げとの習慣だそうです。

これは、現実的に一番、効果のある教育かもね。

どうして、いきてゆくのか、それを目指す教育現場ですよね。

⑥日本には、そのような、機会も、期間も、習慣もありませんから、

安全・安心。定年までのサラリーマン生活が当たり前の感覚にどっぷりである。

これでは、自らの生き方など望むべきでなく、現状の延長線になるのだ。

ソレハ、人生としてのチャレンジが少なすぎる。

◎あなたは、どのような人生行路を描きますか?

若い人はまだ間に合いますよ。

エッセイ ドンキーマカセ

エッセイ ドンキーマカセ


◎開発マンよ発想は無限だいだ。

①発想には、制限がないのだ。

どのような分野へでも発想を展開できるのです。

ソレハ、思考には制限がなく、勝手に本人が制限を設けているだけです。

ココに、思考がとらわれると、その先にエリア位が挟持の範囲に狭められるのです。

②あくまでも、発想は放射状に広がり得るものであり、いつ役に立つのか

それくらいの広がりが期待できるのです。

③例えば、光を活用した研究開発をしていれば、医療から農業から工業の加工機からレーザまでに


その用途が広がり、固守した発想は、許されないのです。

それに、これは門外漢などと、いえる、立場にないのが開発マンです。

④医療では、治療から手術、および薬剤までも連携しるのです。

⑤勿論、細菌の培養や、削除、繁殖までも、多岐にわたり利用できるのです。

◎その意味では、いろいろな分野の展示会などに視察に出かけるのは、この視野の制限を脱皮するのに

最適です。

①それは、異分野であるがゆえに、全くの素人、疑問の連続であります。

これは、大きな、宝です。

②異分野の人と知り合いは、情報交換で、このような見方もあったのだと理解できる。

これは、大きな収穫です。

③また、このような人もいるのだと、異色人種に会うと、そのギャップに戸惑うのだが、それは

あたり前の心境が次の開発のエネルギーになる。

④特に、同類ことの議論は、余り意味が有りません。

ソレハ、発想の根幹が一緒ですから、違和感なく、疑問も生ぜず、平坦な道です。

その為、気づきの機会が現れず、収穫ゼロの感覚になります。

結果の良しあしよりも、発想の疑問点が発掘できれば、最高の視察j出張です。

◎あなたは、どのタイプですか?

アサンポの詩

アサンポの詩

早朝の日の光の力の無さに、急に初秋を感じる

風の臭い、

まさに、1日で急変した気候に体調がドギマギ

変調をきたしそうな朝の陽光に、一寸、がっかり、

強烈な朝日の光が真夏なのに力のない光と雲の

軟らかい姿に

一寸、物足りなさを感じる、

あのぼこぼこの大きな入道雲が真夏のイメージなのに、

この力のない光景に、朝虫は桃の収穫、

アサンポの詩