コラム、水晶 太郎、自社ブランドこそが企業の生命線

コラム、水晶 太郎、

自社ブランドこそが起業存在の生命線。

あなたの会社の自社ブランドは?

勿論、会社名はありますが、これは最低、他社との違いを示す法的な処理であり、法務局に届けて、同じ区域の同じ名称がなければ

登記されるものです。

 これは、企業なら、最低行い法的な処理です。

勿論、個人業家などは、企業システムをとらず、個人事業家として事業を行うのですが、それも税金の関係上、

それなりの処理が必要です。

ココでは、あくまでも企業の組織を運用しているケースについて、論じます。

まず、個人にも、地域にもそれなりの名称がついており、他との識別を図っています。

しかし、事業所名だけでは、この企業の中身?

何をしている企業なのか?

判断することが、きわめて難しいです。

 それに比べ、自社ブランドを確立している企業は、それなりの努力、TVでの宣伝、商標の登録、カタログの送付などで、

企業名と、商品名を売りこんでいます。

 すると、だれもが、あの名称は、とすぐにわかるし、商品や場所までも確認できます。


ところが、下請けに徹している企業等は、逆に、これら識別のかかるモノを一切排除するように、仕組まれ、最終製品のみのメーカー等が

明確になるのです。

 それは、まさに、縁の下の力ら持ちですが、顔が全く見えません。

部分加工であれば、さらにそのかけらも見えません。

部品なら、識別する手段はありますが、それもいら企業からの許可が必要であり、ほぼ100%位、そのような表示は認めていないのです。

 そこで、私は、自社ブランドの意味として、

①自分の顔を」明確に表示する。
②たとえ、加工部分でも識別可能な表示をする。例えば、刻印、シールなど。
③自己主張は、識別の原点です。
④自己主張には、責任と評価が伴います。
⑤ななしのゴンベイは、虚しいです。
⑥識別できなければ、自己評価の主張すらできないのです。
⑦識別により、コストの主張も可能になります。
⑧他社への売り込みも可能になります。
⑨将来の夢が獲得できる可能性があります。

何が何でも自社ブランドの意思で努力する必要があります。
勿論、あきらめ人生なら、敢えて識別の主張などしませんが?

是非、自社の顔をつくって、その成長を願う行動をとるべきです。

あきらめていては、一生、名無しのごんべいです。

あなたは納得できますか?

これは何だ、迷い道・獣道ヘノチャレンジャー、⑩反省、

迷い道・獣道へのチャレンジャー、

⑪-88

⑩反省

これは、何事においても必要不可欠な工程です。

開発であれ、製造であれ、営業でも、また、企画・経営に置いても、重要な仕事なのです。

この⑩反省が正しい判断なのかが、その後のあらゆる事柄に直接的に影響するのです。

それは、方向指示器の役割であり、不足構成の洗い出しであり、進捗の手法のただしさとうを確認することです。

特に、的確な反省ができると、その後の進捗や、やるべき事柄の確認と、新規な発想などの導入などが検討され、

より、スピード感、内容等の質向上、新規な市場の発掘なども視野に入る、貴重な工程なのです。

 特に、この反省⑩では、だれが、あるいは関係者全員なのか?第三者なのかでも、結論に変化がでるのです。

その意味からすれば、経験豊富な人材が、この工程にあたるべきです。

 勿論、門外漢の人の参考意見も確認する必要が有り、これが、思ぬ成果につながることもあり得ます。

同業者、市場でも、みな同じ感覚にあり、それを別の視点から見た感想、提案は、まさに、市場を覆す一代エベントに

なることもあるのです。

 あなたは、どのポジショウンですか?

特に、リーダの人は、総合判断ができる人が好ましく、局部の観察で全体を判断されると、結論に大きな差がでます。

その意味でも、⑩反省工程は、日々のあらゆる工程でも繰り返す必要があります。

ただ、自分だけので反省には、独断と偏見が入り、正しい結論かは?

ぜひ、外部人間や、別のセクションの人の感想などは、貴重です。

 

 

 

これは何だ、迷い道・獣道ヘノチャレンジャー、⑨実行

迷い道・獣道へのチャレンジャー、

⑨実行

⑪-87


この行動は、重大な決断の結果なのです。

それは、ヒト・モノ・カネが動くことになり、その決意の表れが実行なのです。

でも、机上と現実には、大きな違いがあり、実際にやってみてその違いを発見することが多いのです。

 それくらい、机上でのシュミレーションと実社会での違いが出るのです。

勿論、その新商品、開発分野での経験があれば、まだシュミレーションと現実の違いに注意することがわかりますが、

それでも、やはり市場は日々動いてるのです。

 そのため、思わぬ、課題に遭遇することが当たり前です。

その一例は、

 新商品を開発し、いよいよ市場へ試販売しようと企画計画し、行動した途端に、市場へ間髪を入れずにライバルから

新規な商品が発売され、その酷似に開発陣も、経営陣も唖然とする現実にあうことも数回は、あります。

これは、予測不能なことです。

いくら情報収集しても、ライバルの内情までの調査は、ある程度開示されないと、予測すら不可能なのです。

そえが可能なのは、スパイだけです。

 でも、この手は、通常あり得ないのです。

その為、本格発売でなく、地域限定の試販売をメーカは、行うのです。

それでも新商品同士がバッテングすると、ヤハリモノマネの疑いは、両者に生じます。

その証拠は、やはり、特許出願の出願日で結論するしかないのです。

それでも納得できなければ、やはり裁判沙汰になります。

ここまで来ると、両者のイメージなども関係するので、銭・金の問題と関係なく、名誉の戦いになるのです。

これは、最悪のケースです。

すくなくとも、この最終段階まで進むのは、阻止する努力は、双方に必要です。

お互い、得することなく、弁護士、弁理士を喜ばせるだけです。

あなたは、このケースでの解決法をどの手段をとりますか?

これは何だ。迷い道・獣道へのチャレンジャー、⑧市場

迷い道・獣道ヘノチャレンジー

⑪-86

⑧市場

少なくとも商品開発では、あるいは経営では、顧客は誰なのか?

市場はどこで、その規模は?購入時期は?だれが顧客か? 短期なのか?長期なのか?

設備投資、市場開拓費、ライバルの数と経営規模は?

営業所の地域性は?

消耗品なのか?耐久消費財なのか?

商品のライフサイクルは?

市場開拓が砂漠の商人への船出なのか?

開口した市場なのか?

まさに、買い手市場の現状では、商品開発の前に市場調査が最大の価値である。

でも、これは顧客の[これが欲し方]の商品提供なら、市場にマッチするが、市場開拓からはじめる商品では、

極めて厳しい船出です。

 この場合は、中小規模のメーカ等では、至難の業です。

やはりグループの力が必要です。

 ただし、日本ではなかなかグループ化の課題があります。

デモ勝ち組になるには、勝てるライバルとグループするのが、ベストでないが、ベターです。

あなたは、起業しますか?

コラム 水晶太郎 face bookの甘い誘う??

コラム

水晶 太郎

Face BOOKの甘いささやき?

注意は?


先日、友人が訪ねてきて、実は、面白い?いや不思議な誘いが3件くらい来ており、その人のプロフィールに感動して

資金を寄付したいとの申し出だ。

しかも、余命3ヶ月?

そこで、彼は一応、必要な書面をて添付したのですが、するとこの人が指定していた銀行から、

取締役会で寄付が決まったので、処理経費として○○○○ドルを支払ってくれとの要請だと。

なぜ、寄付する人がこのよう資金を要求するのか?

其れなら寄付金から差し引けばいいのにと疑問が湧いたのだと。

それで、君はどのように思うとの話です。

それは、不思議です。

寄付する人がなぜ、現金を銀行に振り込めとは?

しかも、かなりの高額であり、とても出す気になれないし、出す理由にかけるのです。

あくまでもその人(余命3カ月の人)が寄付するのなら、その必要な費用を寄付金から差し引けばと誰もが思うのだが?

寄付金額は240万ユーロとか?詳しきは?

勿論、かれは、このmailに対して、ENDを通告したのだと。

それはクワバラクワバラですね。
 
余談ですが、この世名3か月の人のFACE bookはその後、通じなくなっていたとのこと。

これは何だ、迷い道・獣道へのチャレンジャー、⑦企画・Plan

⑪-85


⑦企画・Plan


この段階は、まさに企業、開発等の基本形態であり、この時期に、しっかりと基本・基礎を確認して推進する必要が有るのです。

この姿勢が、明確で間違っておらず、基本に忠実であれば、方向性の誤りがないのです。

これは、スタート前には、必ず必要です。

しかも、この段階での企画に中に、新規な、奇抜な奇抜な発想が含まれていると、それは成功への可能性をを秘めた企画です。

後は、推進する実行部隊のやる気と能力だけです。


 ただし、この企画が、だれが、どのような基本姿勢で、構成したのか、その理念は?など根幹に関わる中枢です。

この中枢は、やはり企業のあるべきすがらや、進むべき道を差すものであることが必要です。


トップだけの意思では、企画全体の中身に欠ける構成です。

あくまでもトップや経営陣の発想は、根幹だけであり、それに肉や神経を通すのは、やはり)組織です。

ココのメスが入る必要が有り、それがなければ、絵に描いた餅になるのです。

 その意味では、企画マンは、社員だけでなくプロの集団を活用できる人材が必要なのです。

果たして、貴社にこの種の人財が存在するかは?

 この人種る育てるには、それは、学習だけでなく、実践、営業センス、実体験などの深みも必要なのです。

それは、説得力におけるバックなのです。

さて、あなたは?企画マン?それともPLAN担当?

これは何だ、迷い道・獣道へのチャレンジ

 

⑪-84
⑥調査


これは、情報収集以上に重要な要素です。

特に、技術、市場、ノウハウなどの調査は、最大の価値があります。

この調査能力のレベルの差が、勝負の分かれ道です。

しかも、見える調査と、見得ない調査があり、見える調査でも希少資料であれば、なかなか発掘できず、結論は、無しの報告です。


 これは、如何に調査能力の高さが、その質やその後の展開に大きなウエートを持つかの分かれ道です。


特に、ノウ・ハウの調査は、極めて難しく、人脈が最大の要因です。

この人脈がなければ、実質てきに入手が不可能です。

 勿論、その価値は、計り知れないのですが、調査段階では、その価値評価がなかなか、評価できず、

ないがしろにする危険性が有るのです。


 その判断は、やはり経験と感です。

それは、数値でなく、やはり、知覚等のセンスの問題です。


 しかも、既存技術のような分野では、まさにノウ・ハウこそが最大の宝なのです。

それをないがしろにする経営陣は、ノウ・ハウの価値を評価できない経営人です。

また、見える調査では、如何に情報収取の源に近づけるかが、その価値評価であり、見える調査資料の価値が無いのでなく、

その判断基準の目の付け所にあるのです。

 それは、目的にマッチした調査が的を得ていたかの課題です。

方向違いをいくらしっかり調査しても、それは、無駄な調査になり、目的をあいまいにする好ましくない結論をまねく、

危険性すらあるのです。

 その意味では、調査のプラン検討中に、よく確認をして調査を始めるべきなのです。

あなたは、どこから調査を始めますか?